退職金制度の見直しと中小企業の問題解決

就業規則を理解する

就業規則に不備や問題点を発見した場合、変更・見直しを行うことでしょう。
その変更・見直しの際には、法的に問題なく自社の実情に適したもので有効活用できる就業規則にすることを目標にして下さい。
そのためには、まず就業規則とはどのようなものなのか理解するところから始まります。

 

ここでは就業規則の法的な面について説明していきます。

就業規則を理解する記事一覧

就業規則とは?

就業規則とは会社(使用者)が、事業経営上の必要と労働者保護の必要から、労働者が就業にあたって守らなければならない服務規律や労働条件について規定したものです。労働基準法第89条以降で定められており、作成義務者は“常時10人以上の労働者を使用する使用者”です。ここで言葉の定義を説明しておきます。・労働者...

≫続きを読む

就業規則の内容は?

就業規則に記載する項目については労働基準法で規定されています。@絶対的必要記載事項就業規則の作成にあたり必ず記載しなければならない事項A.始業及び就業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を2組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項B.賃金(臨時の賃金等を除く)の決定、計...

≫続きを読む

就業規則作成の手続き

意見の聴取就業規則を作成・変更を行うのは使用者ですが、その際には必ず労働者の過半数で組織する労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合は労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければなりません。意見を聴くというのは合意・同意を求めるものではなく、たとえ反対意見であっても使用者はその意見に拘...

≫続きを読む