退職金制度の見直しと中小企業の問題解決

就業規則変更の必要性

就業規則を変更する必要があると言われても、本当に必要なのか、急いで行う程のことなのか、疑念を抱くかもしれません。

 

就業規則の内容は会社ごとに異なるので、変更の必要がある場合の重要度も会社ごとに異なります。

 

ここでは自社の就業規則は本当に変更・見直す必要があるのかを確認していただくための説明をしていきます。

就業規則変更の必要性記事一覧

個別労働紛争の増加

個別労働紛争解決制度は平成13年10月から施行され、企業組織の再編や人事・労務管理の個別化等の雇用形態の変化等を反映し、全国約300ヶ所の総合労働相談コーナーに寄せられた民事上の個別労働紛争に係る相談件数は17万件を超え、制度発足以降依然として増加を続けています。以下の図は民事上の個別労働紛争相談件...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正労働基準法概要その1

解雇に関する改正1 解雇近年、解雇をめぐるトラブルが増大しており、その防止・解決を図るには、解雇に関する基本的なルールを明確にすることが必要となっています。そこで、最高裁の判決で確立しているものの、これまで労使当事者間に十分に周知されていなかった「解雇権濫用法理」が法律に明記されました。すなわち、「...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正労働基準法概要その2

裁量労働制に関する改正裁量労働制とは労働者を対象とする業務に就かせ、労働者に時間配分や仕事の仕方をゆだねた場合、労使であらかじめ定めた時間働いたものとみなす制度(みなし労働時間制)です。裁量労働制には、次の2種類があります。 @専門業務型裁量労働制:デザイナー、システムエンジニア等、専門的な業務に就...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正育児・介護休業法概要その1

介護休業制度に関する改正労働者は、申し出ることにより、要介護状態にある対象家族1人につき、常時介護を必要とする状態ごとに1回の介護休業をすることができます(一定の範囲の期間雇用者も対象となります)。期間は通算して(のべ)93日までです。・介護休業ができる労働者は、要介護状態にある対象家族を介護する男...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正育児・介護休業法概要その2

子の看護休暇制度の新設小学校就学前の子を養育する労働者は、申し出ることにより、1年に5日まで、病気・けがをした子の看護のために、休暇を取得することができます。・法改正により、小学校就学前の子を養育する労働者は、申し出ることにより、1年に5日まで、病気・けがをした子の看護のために、休暇を取得できるよう...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正育児・介護休業法概要その3

時間外労働の制限の制度事業主は、育児や家族の介護を行う労働者が請求した場合には、1か月24時間、1年150時間を超える時間外労働をさせてはなりません。・請求できる労働者は、小学校就学前の子を養育し、又は要介護状態にある対象家族を介護する労働者(日々雇用される者を除く)です。 ただし、勤続1年未満の場...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正育児・介護休業法概要その4

勤務時間の短縮等の措置事業主は、3歳未満の子を養育し、又は要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者については、勤務時間の短縮等の措置を講じなければなりません。また、事業主は、3歳から小学校就学前の子を養育し、又は家族を介護する労働者については、育児・介護休業の制度又は勤務時間の短縮等の措置に準じた...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正高年齢者雇用安定法概要その1

改正高年齢者雇用安定法の概要高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となったほか、高年齢者の再就職促進等を図る措置が定められています。具体的な措置のうち主なものは以下の通りとなっています。1.65歳までの定年の引き上げ、継続雇用制度の導入等の義務化2.解雇等によ...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正高年齢者雇用安定法概要その2

65歳までの定年の引き上げ、継続雇用制度の導入等の義務化少子高齢化の急速な進展の中で、高い労働意欲を有する高年齢者が長年培った知識と経験を活かし、社会の支えてとして意欲と能力のある限り活躍し続ける社会が求められています。このため、高年齢者が少なくとも年金支給開始年齢(男性の年金支給開始年齢にあわせ男...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 改正高年齢者雇用安定法概要その3

継続雇用制度の対象者に係る基準継続雇用を導入する場合は、原則として希望者全員を対象とすることが求められますが、各企業の実情に応じ労使の工夫による柔軟な対応が取れるよう、労使協定により継続雇用制度の対象者となる高年齢者に係る基準を定めたときは、この基準に該当する高年齢者を対象とする制度を導入することも...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 公益通報者保護法概要

公益通報者保護法の概要公益通報をしたことを理由とする公益通報者の解雇の無効等並びに公益通報に関し事業者及び行政機関がとるべき措置を定めることにより、公益通報者の保護等を図る。目的公益通報者の保護を図るとともに、国民の生命、身体、財産その他の利益の保護にかかわる法令の規定の遵守を図り、もって国民生活の...

≫続きを読む

法律改正未対応 - 個人情報保護法概要

個人情報保護法の概要個人情報保護法は、だれもが安心してIT社会の便益を享受するための制度的基盤として、2005年4月に施行されました。この法律は、個人情報の有用性に配慮しながら、個人の権利利益を保護することを目的として、民間事業者が、個人情報を取り扱う上でのルールを定めています。個人情報保護法の対象...

≫続きを読む