退職金制度の見直しと中小企業の問題解決

就業規則の別規程

就業規則には規定内容が複雑多岐になることから、就業規則本体とは別に規程を作成することがあります。
また同じ就業規則であっても適用対象者が異なるものもあります。
このような別規程等はそれぞれが単独で就業規則となるものではなく、全て合わせて一つの就業規則となるので注意が必要です。

 

ここでは別規程や適用対象者の異なる就業規則について説明していきます。

就業規則の別規程記事一覧

退職金規程の概要

退職金制度に関する細かな規定が掲載されているものです。就業規則の退職金の章ではとても掲載しきれる内容ではないので、通常は別規程としているところが多いようです。退職金規程の一般的な内容適用範囲一般的には正社員を対象としているものが多いようです。この項目において退職金の対象者を明確に規定しておかないとト...

≫続きを読む

パートタイマー就業規則の概要

就業規則において適用される社員の範囲を明確にしていますか?正社員のみを適用対象にしている場合、パートタイマー用の就業規則を作成していますか?就業規則の適用からパートタイマーを除外しても、パートタイマー用の就業規則を整備していなければ、パートタイマーも正社員と同じ就業規則が適用されることがありますので...

≫続きを読む

営業秘密に関する管理規程の概要

営業秘密に関しては、顧客情報の漏洩事故が社会問題となっている他、競業他社への持込みなど、その管理は厳重に行う必要があります。そこで営業秘密の取り扱いに関する事項をきちんと規定して、会社全体で取り組んでいく必要があります。営業秘密に関する管理規程の一般的な内容営業秘密の定義営業秘密の定義がしっかり規定...

≫続きを読む

育児・介護休業規程の概要

育児・介護休業法は次世代育成支援を進めるため法律改正が行われ、育児又は家族の介護を行う労働者の職業生活の図られることを目的としています。法改正により義務化された項目や新設された項目がありますので、規程の変更が求められます。育児・介護休業規程の一般的な内容育児休業・介護休業の対象者この項目は法律改正が...

≫続きを読む

車両管理規程の概要

この規程は社員が通勤に使用する車両の管理について規定するものです。車両は自動車及び二輪車を指します。近年問題となっている飲酒運転等を厳禁するなど安全運転を全社一丸となって取り組む必要があります。また交通事故に対する会社のリスクを排除するためにも整備しておく必要があります。車両管理規程の一般的な内容使...

≫続きを読む

公益通報者保護規程の概要

公益通報者保護法が施行され、通報者保護のため事業主は解雇等不利益取り扱いをしてはならない等禁止されました。このような事業主サイドのデメリットを懸念するだけでなく、社内の法令違反等を早期に発見し、健全化を図るため、相談・通報の適正な処理の仕組みを規定することは経営強化につながることもあります。公益通報...

≫続きを読む

その他の規程

規程には今まで説明した他にも以下のようなものがあります。就業規則の項目では対応できないものであれば別に規程を作成する必要がありますが、規程は就業規則と同じ効果をもたらすものなので労働条件となるようなものは法的に拘束されます。よって作成する場合には本当に必要な規程なのかを確認する必要があります。・賃金...

≫続きを読む